婚活でNGワードを使うべからず

お見合いパーティーなどの場は、出会いの場。少しでも自分を良く見せようと努力するのは当然です。服装はもちろんのこと、髪型や持ち物など相手に好印象を与える服装で望みます。そして好印象を持ってもらいたいので、とうぜん『笑顔』スマイルです。ブスッとした顔よりも、ニコッとしている笑顔の方が相手も話しかけやすいのは当たり前のことですね。

言葉遣いに気をつけよう

ついつい思っていもいないのに、思わず口にしてしまい相手の顔色が変わったのを見て「しまった・・・。やってしまった・・」となるのに気をつけましょう。悪気があってもなくても、やはり口にしないほうが良い言葉はたくさんあります。

特に初対面での発言ならばこそ、よけい避けてほしい言葉があります。その反対に、口にしないほうが良い言葉は、別の言葉に言い替えることで好印象になる言葉もありますが、初対面というのは緊張感を持って話しをしましょう。

話している相手と、明らかに相性が合わない。。。。と思うお相手に対しても、節度を持った話し方をするべきです。明らかに嫌だという口調をしていると、他の人からみれば「きつい人だ」と思われかねません。相手から明らかに侮辱とも思われる内容の言葉をかけられても、そこでケンカ口調で返してしまえば周りから「どっちもどっち」売り言葉に買い言葉としか思われませんし、周囲からも好印象どころか悪印象を与えてしまいます。

相手からひどい言葉を投げかけられても、キレイに大人の対応をすることで周囲から「素敵な人」という好印象を勝ち取ることになるので、大人の対応を心がけるようにしましょう。

容姿のことを話題に乗せるべからず

  • 「太りすぎですね・痩せすぎですね」・・・女性にも男性にも当てはまります。痩せている人はとても痩せすぎのことを気にしているかも知れません。
  • 「胸が小さいですね。大きいですね。」・・・女性に向かって、胸のことなど言うのは論外です。
  • 「身長が低いですね」・・・女性にも男性にも当てはまります。可愛らしい女性だな。と思って「小さくてかわいいですね。」と言ってもダメです。
  • 「私の好みの顔ではありません」・・・女性にも男性にも当てはまります。自分の主観で話をするのをやめましょう。
  • 「今までモテたことないでしょう?!」・・・軽いジョークのつもりでも絶対にダメです。
  • 「男慣れしていそうな感じですよね。」・・・女性に向かって、遊びなれているような話をふってはいけません。
  • 「実は女遊びすごい感じですよね。」・・・女性にモテるというのは良い褒め言葉な感じがしますが、ダメです。

職業のことで会話中に気をつけよう

  • 「年収が期待できますね!」・・・稼ぐ人という褒め言葉のつもりかもしれませんが、褒め言葉になっていません。
  • 「ずいぶんと汗臭い仕事ですよね」・・・肉体労働をバカにしているような言葉になります。
  • 「恥ずかしくないのですか?」・・・人の仕事を上から目線で指摘するのはやめましょう。
  • 「あまり理解できない職種ですね。」・・・相手の職業内容が理解できない場合は、相槌を打つ程度にしておきましょう。
  • 「そんな会社ブラックじゃないですか?!」・・・批判めいた言葉をいうのはいただけません。

相手との会話中への返答や質問の時に

  • 「けっこう異性経験が多そうですね。異性経験が少なそうですね。」・・・相手の過去のことをとやかく言うのはやめましょう。
  • 「そういう趣味は理解できないですね」・・・相手が自分の趣味の話をしたときに、たとえ理解できなくても思ったままを口にするのはやめましょう。
  • 「そんな人生、つまらなくないですか?」・・・相手の話を聞いて、相槌のつもりの返答が批判めいた返答になっています。
  • 「幸が薄そうですね。なにか辛い過去でもあったとか?」・・・雰囲気と会話内容で、思ってしまったのかもしれまんがダメです。

相手にイヤミだと思われてしまう褒め言葉

  • 「あまりにも綺麗過ぎて目まいがするほどです。」・・・これは皮肉か?とも思われてしまう過剰すぎる褒め言葉です。
  • 「もう少し若かったらモデルとかアイドルになれるぐらいの容姿ですね」・・・もう若くないんだよ。と相手に言っている言葉です。
  • 「今までどうして結婚できなかったのか不思議なくらい魅力がありますね」・・・大きなお世話です。過去になにかあったんじゃないの?と思わせるような発言です。
  • 「あなたはこんなところに来なくたって、いくらでもいるでしょう」・・・本人の気持ちを知っているのは本人だけです。踏み込むような会話は避けましょう。

性格のことで言ってはいけないこと

  • 「少しは自分をアピールしなきゃ」・・・相手が引っ込み思案かもしれないので、相手を思いやったつもりが傷つける言葉です。
  • 「そんなのだから、結婚できないんですよ」・・・じゃあ自分はどうなんだ?!と相手は間違いなく思うでしょう。
  • 「話が全然合いません」・・・フィーリングが合わないからと言って、相手を全否定する言葉をつかうのはやめましょう。
  • 「意志の疎通の仕方ってご存知ですか?」・・・相手を思いやるような言葉遣いにしましょう。
  • 「育ちがあまりよくないのですね」・・・育ちの悪さをたとえ感じたとしても、そんなことは絶対に口にしてはいけません。

これから先も付き合うかも?!と思い、つい調子に乗らないように

  • 「結婚は我慢ですよね」・・・会話も弾みもしかしたらこの相手とゴールインするかも?!と相手は思っているかもしれないのに、ネガティブ発言になります。
  • 「あなたがお持ちの財産は、結婚した後は一緒ですよね。」・・・お金の話題を付き合う前からするのはダメです。
  • 「私からのメールに、すぐに返信してくださいね。」・・・束縛されるかも。と思われてしまいます。
  • 「ご実家の財産相続はどうなっていますか。」・・・付き合う前から財産や収入の話を会話に乗せるのはやめましょう。
婚活のススメ