婚活パーティの基礎知識

初めて婚活パーティに参加するのはドキドキするものです。

回数をこなしていけば、こんな流れなんだ~と思いますが、そこの1歩を踏み出すのにはかなり勇気が必要になります。

婚活パーティには安いものから高いものまで、いろいろなパーティが開催されています。男性の参加費が高いパーティもあれば、女性の参加費が高くで男性の参加費が低く設定されているパーティもあります。そして男女ともに参加費の金額の差が少ないパーティもあります。

婚活バスツアーになれば、バス代チャーターもあるので比較的値段は高めになりますがその代わり時間が長くなっているので話せる時間も長くなります。

婚活パーティーの値段について

婚活パーティーへの参加費用は、パーティを運営している会社によって値段は変わってきます。また値段も運営している会社によって設定料金が違ってきます。

飲み物が出てくるような「レギューラーパーティー」といわれるようなパーティの場合、料金設定はどこも同じような値段になっています。

高収入(医者・大手企業・自営業)の男性が対象の場合には、女性の支払のほうが高い料金設定になっています。「婚活バスツアー」や「ゴルフ婚活」「料理婚活」などは材料費やチャーターなどの関係から値段設定は高めになっています。

婚活パーティ支払い方法

支払い方法も運営会社によって違ってきます。一般的に多いのが、当日会場で現金で支払う。または、婚活パーティへ申し込みをした時点で、振込みによる入金の前払いの2つのタイプが主流になっています。

事前に支払をする場合には、コンビニ決済やWEBでカード決済・銀行振り込みが多くなっています。現金でのみの取り扱いの場合には、当日受付でそこで支払が多くなっています。

基本的に、参加費用しか必要ありませんがもしプロフィールカードを記入するのに、筆記用具がない。といったときに、コンビニなどで筆記用具を自分で購入する必要がでてくるかもしれません。大体の会場では、筆記用具も用意されているところがおおくなっています。

当日急にキャンセルする場合は、必ず連絡を入れておきましょう。パーティーの数日前まではキャンセル代は無料になっているところが多くなっています。キャンセル代がかかる日にちは、運営している会社によって値段は違ってくるので、予約を入れる段階でキャンセル代のことも確認しておきましょう。

連絡を入れてキャンセルをしておかないと、次回からの参加ができなくなることがあるので気をつけてください。必ず連絡をしてキャンセルを告げましょう。

パーティー当日の予約

予約状況が空いていれば、当日の申し込みでも予約することが出来ます。人気のある婚活パーティの場合には、パーティーの開催日時の発表と募集が出てすぐ埋まることもあるので、このパーティいいかな。と思っているパーティがあれば早めの申し込みがオススメです。

パーティー当日は、基本的に遅刻は厳禁です。10分前には会場に到着するようにしましょう。遅刻で入った場合には、会場内の雰囲気に馴染めないこともありますし、当然ながら出会える人数も少なくなってしまいます。もちろん遅刻者は目立つので、印象も悪くなってしまいます。

電車が遅延の場合には、電話を入れて遅刻することを運営者側に連絡しておきましょう。だいたい時間は2時間程度のパーティーが多いので、基本は遅刻厳禁の10分前到着を目指しましょう。

パーティーの後

「婚活パーティーで、もしカップルになれたらカップルになった相手を誘ってもいいの?」「2次会や連絡先の交換はしていいの?」などと思うかもしれません。婚活パーティを運営している会社によっては、アフターフォローをしているサービスをおこなっている会社もあります。

カップル成立の後

婚活パーティーによっては、カップリング発表があるパーティーがあります。パーティーが終了する時間帯によってもかわってきますが、カップル成立した後にそのままふたりでお茶をしたり食事に行くことが多いようです。

女性の参加者は、婚活パーティの後に予定を入れないようにしておきましょう。そして男性の参加者のかたは、カップル成立した後のことも考えて、パーティーの後にそこか寄れそうなお店をいくつかピックアップしておくと安心ですね。せっかくカップル成立した後なので、2人でそのあと話しをする時間を取れるほうが、親密度もアップするでしょう。

アフターフォローとは

婚活パーティを主催している会社が行っている婚活パーティーの後のサービスです。

パーティーの最中に、気になる人がいたんだけどうまく話しかけられなかった場合であったり、カップリング成立にはならなかったけど、是非この人ともう一度会いたい、というような時に主催会社を通じて、意中の相手に連絡をとってもらう方法です。この場合、主催してる会社か相手の連絡先を教えてもらうのではありません。運営会社が相手に連絡をとり、相手が承諾したらメールなどのやりとりができるというシステムが、アフターフォローです。

二次会に誘っていもいい?

カップル成立にはならなかったけど、気があった人同士と男女も混ぜた人数で、婚活パーティーの後に二次会へ流れて行く人は大勢います。

楽しい雰囲気だからもう少し話しをしたいな~、もう少し話したいな。という時など、気になる相手と1対1よりも、数人で二次会に行く?と誘ったり誘われたりがお互い気楽に参加できます。合コンスタイルのパーティの場合なら、その場にいた全員を誘って2次会に行く事も珍しくありません。

連絡先を交換したけど返信がない

婚活パーティー会場で、お互いの連絡先を交換した後は、あとは当人達の自由になります。メールを送って返信が相手から来なかった場合に、運営会社に伝えたも運営会社から相手に連絡をとったり、運営会社から「どうして○○さんに返信をしないのですか?」といったようなことを運営会社はできません。もしかすると、相手が忙しくて返信を忘れてしまったり、連絡が行き違っていたりする可能性もあるので、再度当人に「メールしたけれど、とどいているかな?」といったような連絡を取って様子を伺ってみましょう。○

女性が無料の婚活パーティ

女性が無料の婚活パーティは、友達同士の参加が多くなっています。「彼氏欲しい~!」「出会い欲しい!」といった気楽なノリで遊びの延長で来ている女性が多いことも事実です。、20代前半の参加者が多いのは男性からすると嬉しいでしょうが、女性側は真剣に結婚を考えているとはいえません。

また30代の女性が参加すると、女性無料のパーティの場合は若い女性の参加者が多くなってくるので、真剣に結婚相手を探している雰囲気よりも彼氏や出会いを求めている参加女性のほうが多いので、違和感を感じてしまうかもしれません。

⇒若い女性と知り合いたい。多くの女性と出会いたいという男性には向いています。

本気度が高い婚活パーティ

女性と男性のパーティ参加費用の値段の開きがない婚活パーティは本気度が高くなっています。参加する女性もアラサー世代であったり、アラフォー世代とかで種類が分けられています。

20代女性の参加が多いパーティーは、女性の参加費用が安い分男性の費用が高く設定されています。参加する女性も本気で結婚を考えているより、出会いの場として活用しているので、真剣に結婚を考えている男性の場合は、男性と女性の参加費用の値段の開きがないパーティを選びましょう。

⇒アラサーやアラフォー女性でも安心して参加できます。参加してくる男性も真剣に結婚相手を探しているケースが多くなっています。

婚活のススメ