婚活パーティ

婚活パーティの種類

婚活パーティもいろいろなタイプな種類があります。もちろんパーティの種類はいろいろですが、独身で新しい出会いを求めているということはどんなパーティの種類でも共通点です。

婚活パーティの魅力は、参加者全員が婚活をしているという点です。将来同居する予定があるのか。また子供は欲しいのか。といった結婚生活を送るうえで非常に大事なことが、相手に聞くことができるという点です。相手の結婚観をしることは、とても大事です。

パーティの種類には、『街コン』に代表されるような100人単位といった大きなイベントのようなパーティスタイルもあります。『街コン』の場合には友人同士との参加が絶対だったりしますが、一人での参加も可能な『街コン』もあります。

そのほかに個室で1対1で話を出来るタイプや、合コンスタイルの男女各10名ずつで集まるタイプのパーティ。そして立食スタイルで大勢で集まるタイプの立食パーティのような感じのコン活パーティもあります。ゴルフ場でゴルフをプレーしながらのものや、参加者がワイナリーや酒蔵などを廻るバスツアーのようなイベント系の「婚活パーティ」もあります。

もちろん参加する婚活パーティの種類によって値段も変わってきます。だいたいが女性のほうが安く設定されています。結婚相談所とはちがって、毎月パーティに参加しなくてもお金がかかるということはないので、参加するたびに支払うというスタイルがほとんどなので、婚活をスタートするには始めやすいのが「婚活パーティ」です。

今は「婚活パーティ」と呼ばれていますが、以前は「お見合いパーティ」や「カップリングパーティ」と呼ばれていました。新しい出会いの場を求める男女が出会いの場として気軽に参加できるようになっているので、全国各地で週末の昼間や金曜日の夜やノー残業デーの企業が多い水曜日の夜などに開催されています。

大人数タイプ

大人数の婚活パーティが主流になっています。

ベルトコンベアーをイメージしてください。用意されているテーブルは向かい合わせのテーブル席になっています。男性が1つずつ隣の席へ移動していき、向かい合った女性と話していきます。

参加者の全員と会話をした後から、フリータイムになります。そしてそのフリータイムで、気になった相手ともう一度話すことができます。

参加人数は、パーティを主催するところによって違っていますが、男女で人数差が出ないよう調整されています。(男性:15人~50人程度 女性:15人~50人程度)

メリットとして、一度に大勢の人にあえること。そしてフリータイムがあるので、そこで意中の人にサイドアピールすことが出来る点ですl。

デメリットとしては、一度に大勢の人には会えますが、1人1人と話す時間が短くなっている点です。そして人数も大勢になってくるので、覚えるのも大変になります。

大人数タイプのパーティの場合は、たくさんの人の中から選んでもらわなくてはいけません。全員がカップル成立になることはほとんどないので、積極的に自己アピールできるというのがカップル成立なるかどうかの鍵になります。そして、どんな人がいいのかなぁ~と目移りしている間に、時間がタイムアップになってしまうので、ある程度相手を見極める必要があります。

中人数タイプ

今、たくさんある「婚活パーティ」の中で、一番人気のあるタイプのパーティーが中・少人数タイプのパーティースタイルです。。

このパーティは1回参加である程度の人数と出会うことができます。そして一人ひとりと話する時間も大人数パーティと比較すると、断然長くなっています。そのため少人数パーティーと大人数パーティーのお互いの良いところを集めたようなパーティースタイルといってよいでしょう。

参加者人数、こちらもパーティーを主催するところによって人数は違ってきますが、多くても20人までいかないケースがほとんどです。(男性:10~15人程度 女性:10~15人程度)

メリットとして、1度のパーティで10人以上の人に出会える点です。多すぎず少なすぎないという人数が人気があります。そして、参加してきた人の話であったり、特徴を覚えるにも最適の人数です。

デメリットとしては、この中人数タイプの婚活パーティは、他のパーティと比較すると開催されている数が少ないという点です。確実に集まる人数をそろえて、それに見合った会場をおさなくてはいけないという点でも、この人数での婚活パーティの開催の絶対数は少なくなっています。

ある程度の人数の方と出会うことが出来て、話をするにもほどよい時間が確保されているので大人数パーティに参加しても、自己紹介だけでなんだかよく分からなかったという人には最適です。

中・大人数パーティーの流れ

  • (1)パーティの受付:遅刻はダメです。プロフィールカードの記入があるので、早めの受付をしましょう。
  • (2)プロフィールカードの記入:会話のキッカケになるようなことを記入すると良いでしょう。丁寧に見やすい字で書きましょう。
  • (3)パーティ開始:1対1で約3分程度の自己紹介が始まります。時間が来たら、男性は隣の席に移動して次ぎの人と会話をします。全員一回りします。
  • (4)第一印象の記入:もう少し話をしたいな。と自己紹介タイムで気になった人の名前カードに書いてスタッフへ渡します。
  • (5)フリータイム:気になった人に積極的に話しかけましょう。限られたフリータイムの時間です。積極的に行きましょう。(フリータイム中に2~3回のパートナーチェンジあり)
  • (6)カップル希望シート記入:また会いたいと思う人の名前をカップル希望シートに記入します。フリータイムで話をしていない人でも記入したかまいません。
  • (7)カップル発表:スタッフから、カップルが発表されます。会場でカップル成立を発表される場合もあれば、個別で成立の有無を教えてくれる場合もあります。

少人数タイプ

少人数タイプの「婚活パーティ」はとても根強い人気のがあるタイプのパーティー形式になっています。

参加者人数は、「婚活パーティ」を主催するところで人数は変わってきますが、多くて10人にはならない人数で調整されることが多くなっています。(男性:5~8人程度 女性:5~8人程度)

少人数タイプのパーティは、個室タイプで行われることが多くなっています。形式も、中・大人数パーティとは違いっています。女性が待機している部屋に男性が訪れるようなスタイルなので、婚活パーティに参加していることを、余り知られたくない人にも向いています。

また、あまり積極的に話しかけることが難しい人は少人数タイプが向いているでしょう。1対1でじっくり話しをすることが出来ます。ただデメリットとしては、一度に出会える人数が少ないという点が少人数タイプのパーティでのデメリットといえます。

少人数タイプパーティの流れ

  • (1)パーティー受付:会場で受付をします。遅刻はダメです。プロフィール記入をするため、早めに受付を済ませておきましょう。
  • (2)プロフィールカードの記入:カードに自己紹介を書き込んでいきます。読みやすい字で、話しのキッカケになるような内容を記入すると良いでしょう。
  • (3)パーティー開始:男性性が、女性が待っている個室へ行きます。時間は約10分程度で、1対1で話しをします。時間がきたら、男性は次ぎの女性待つ次の個室へ移動します。
  • (4)カップル希望カードの記入:すべての異性と会話を終えたら、話をして気になった相手をカップル希望カードへ記入します。
  • (5)カップル発表:カップルになった場合は、別室に通されてお互いの連絡先をそこで交換します。もちろんその後に、食事やお茶などへ出かけても大丈夫です。カップル成立にならなかった場合は、そのまま退出で終了です。
婚活のススメ